電話占いサイト【フレイヤ】TOP > 占い用語集:さ行

占い用語集

気になる用語をここから検索してください

さ行

財運線

ざいうんせん

水星丘付近に縦に刻まれる線。この世の中で生活するための金銭・財産など、経済力の安定や発展を示す。金銭的に恵まれるほど線がはっきりと出る。

サイコ・セラピー

さいこせらぴー

精神療法・心理療法のこと。精神病理の治療技として発展した臨床心理学を基盤に、クライアントへの治療を行なう。分野としては精神分析・認知行動療法・森田療法・内観療法・催眠療法・家族療法など。カウンセリングとセラピーは混同されやすいが、別個のものである。

サイコロ占い

さいころうらない

サイコロを用いる占い方法で卜術のひとつ。サイコロは偶然を司り、古来からギャンブル、ゲーム等で人々に使われていた。

サイデリアル星座

さいでりあるせいざ

黄道での12星座の位置づけの種類。サイデリアル方式とトロピカル方式の二種類があり、夜空に見える星座とは別である。サイデリアル星座は、実際の観測を 重視するため、地球の歳差運動により、現在ではトロピカル星座と24度近くのズレが生じている。西洋占星術はトロピカル星座を主に使用し、インド占星術は サイデリアル星座を使用する。

サイン

さいん

西洋占星術で用いられる、黄道を30度ずつ分割した十二星座シンボルのこと。通常、星座(一般的な太陽星座占い)といわれているもの。西洋占星術では、春分点を牡羊座の0度とするトロピカル十二宮が使われている。

蠍座

さそりざ

二区分は女性星座。三区分は不動星座。四区分は水のエレメント。支配星は冥王星、副支配星は火星。身体の象徴部位は性器・排泄器官。秘密主義、深い洞察 力、死と再生、執着、神秘的で強烈な印象があり、目に見えない分野での直観力に優れている。強烈な個性があり、疑い深く、強情で、頑固でもある。

サターンリターン

さたーんりたーん

土星(サターン)が黄道を一回転して、元の地点に戻ること。土星回帰とも呼ばれる。土星の回転周期は約29年で、誰でも29歳位に、最初のサターンリター ンを迎える。土星によって、自分の人生の現実を突きつけられる事になるので、一般的に喜ばしくない現象に捉えられているが、地道に努力を重ねてきた人に とっては、長年の苦労の現実化という果実をもたらすともいえる。

サビアン

さびあん

占星術のチャート判断技法の一つ。ホロスコープを12の部屋に分けるところを、360度に細分化させて、それぞれの度数にシンボルを与えるのが特徴。アメ リカの神秘学研究家マーク・エドモント・ジョーンズと女性詩人にしてチャネラーのエリス・フィーラーの2人が、チャネリングによってシンボル体系化した。 その後、ディーン・ルディヤによって解読された象徴が基礎となっている。

三伝

さんでん

六壬で占う際に用いられる、時間的経緯のこと。「初伝」・「中伝」・「末伝」からなり、「初伝」は物事が発生した原因、「中伝」は現状の状態、「末伝」は結果を意味する。

三碧木星

さんぺきもくせい

九星のひとつ。五行は木、方位は東、象意としては、長男・青年・音楽家・アナウンサー・肝臓・関節・足・雷・振動・声・虚・うわさ・宣伝・進む・積極的・驚き・始め・新しい・発展・顕現・電化製品・楽器・自動車、などをあらわす

算命学

さんめいがく

占術の一つ。干支暦をもとに、年と月と日の干支を出して、人の運命を判断する。陰陽五行論を土台とした運命学であり、天中殺などの言葉が有名である。

左伝

さでん

「春秋」の解説書。戦国時代に左丘明によって作成されたといわれ、三十巻からなる。正式名は「春秋左氏伝」といい、通称を「左伝」、「左氏伝」という。

財方

さでん

水を置くことにより、財運を高めるといわれる方位のこと。風水では水は財に関わると考えられている。

殺気

さっき

家に住む人に害を及ぼす邪気のこと。家の内外の尖っている角や、電柱・避雷針など、見た目から心理的圧迫感を与えるものから発生すると考えられている。

参天両地

さんてんりょうち

東洋占術の基本的考え方。奇数は陽なので天をあらわし、偶数は陰なので地をあらわす。奇数と偶数の代表的な数である三と二を用いて、参天両地と呼ぶ。

三元九運

さんげんきゅううん

20年毎に変わる気の流れのこと。上元・中元・下元の180年を、20年毎の九運であらわしている。2004年から2023年までが、八白土運となる。明 代の書物には諸葛孔明がこの三元九運に則り、風水を駆使したとされる。現在の風水鑑定では、家の建築された年からこの三元九運を使い、家運を調べる。

三元派

さんげんは

風水の流派の一つ。地形・方角・立地・時間を風水判断の重要な要素として考える流派。他の流派に比べ、特に時間の概念を重視するため、三次元的な風水解析を得意としている。ちなみに三元は、上元・中元・下元の180年間のことをあらわす。

三合

さんごう

十二支のうちの特定の三支が結びつくこと。三合会局とも言う。それぞれ四正にある卯・午・酉・子を中心に、亥・卯・未の三合木局、寅・午・戌の三合火局、 巳・酉・丑の三合金局、申・子・辰の三合水局がある。三支の中心になる旺支の五行に合わせ変化し、旺支の五行の力が強くなる。

三才

さんさい

中国古来からある考え方で、「天・地・人」の三つからなる。この世は、天・地・人の三つの関係で成り立っていると考えられ、天の刻と地の利、そして人の和の三つが揃うことによって、良い働きがあると考える。

雑卦伝

ざっかでん

易経の「十翼」の一つ。六十四卦の中の二つの卦を取り上げて、その対照的な意味合いを説明している。雑卦伝は「十翼」の中では最も日常に近いものであり、日常的な占いの判断をするにあたっては最も適切であるともいわれる。

三重円

さんじゅうえん

三つのホロスコープの円を重ねたもの。内側には出生時間のホロスコープ(ネイタル)、真ん中にはプログレスのホロスコープ(プログレスホロスコープ)、外 側にはトランジットの天体の位置が配される。この三つの部分からなる三重円のホロスコープを用いて、占術家は未来の出来事を予想する。

三皇

さんこう

様々な説があるが、「神農」・「伏羲」・「女渦」を指す。「神農」は頭が牛で身体は人間の姿をしていたとされ、農業の神、または火を人々に与えたという説 から「炎帝」とも呼ばれる。「伏羲」と「女渦」は夫婦であり、半身反蛇(頭が人間、身体が蛇)の姿をしていたといわれる。二人の絡み合う姿は漢時代の壁画 にも描かれ、信仰の対象になっていた。そしてここから「陰」と「陽」の陰陽思想が生まれたともいわれる。また「女渦」が土を捏ねて人間を作ったという伝説 もある。(「風俗通義」より)

三停

さんてい

人相の見方の一つ。顔全体を、髪の生え際から眉の「上停」、眉から鼻の下の「中停」、鼻の下から顎までの「下停」の三つに分けて判断する。「三停」は人生の序盤、中盤、終盤における運勢を表し、どの部分がいちばん目立つか、広いかなどで、運の強い時や性格を判断する。

算木

さんぎ

占筮で得られた卦を机上に表現するための筮具で、四つの面を持った六本の木片。二面は陽爻、もう二面は陰爻を表す。これを展開していくことによって様々な角度から易の卦を見ていくことが可能となる。種類としては両義算木と四象算木の二種類がある。

さる

十二支の一つ。陽の金で、季節は秋、月は8月、時間は15~17時、方位は西南西を表す。

三焦

さんしょう

三焦は、上焦、中焦、下焦の総称。上焦は心臓の下と胃の上の部分。中焦は胃の中央。下焦は排泄関係の部分で膀胱の上の部分。主に中医学で使われる。

三奇六儀

さんきりくぎ

十干の奇門遁甲での呼び名。三奇とは乙奇・丙奇・丁奇のことを指し、六儀とは戊儀・己儀・庚儀・辛儀・壬儀・癸儀のことを指す。通常、三奇が付く方位を吉方位と考える。

三区分

さんくぶん

12サインは活動(Cardinal)、不動(Fixed)、柔軟(Mutable)の三つの種類に区分される。占星学上では、サインの三要素 (Quality)という。活動(Cardinal)のサインは牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座。不動(Fixed)のサインは牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶 座。柔軟(Mutable)のサインは双子座・乙女座・射手座・魚座。

三元

さんげん

暦に用いられる言葉で、上元(じょうげん)・中元(ちゅうげん)・下元(かげん)からなる。年月日時を60ずつ区切り、60年、60ヶ月、60日、60刻で次の元に移行される。

12サイン

じゅうにさいん

西洋占星術で用いられる、黄道を30度ずつ分割した十二星座シンボルのこと。通常、星座(一般的な太陽星座占い)といわれているもので、牡羊座・牡牛座・ 双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座の12サインがある。サインは12種類の性格や傾向を表わすもので、全てのサ インへの理解、応用が人生において大切となる。

12ハウス

じゅうにはうす

地球の天球を、十二に区画したもの。12サインと混同しやすいが、12ハウスは地球に属していて、地球の自転に関係して決定される。プラシーダス方式によ るハウス区分が一番普及している。一般的に、サインは個人の心理的な傾向や個性を表し、ハウスは個人の活動の分野として捉える。

上停

じょうてい

「三停」のうちの一番上の部位のこと。髪の生え際から眉までの部分を指す。初年運(15~30歳頃)や、その人の知性、父母運、人気運などをあらわす。

上元

じょうげん

暦の見方の1つ。各年月日時を干支で表した干支暦において、六十干支が一周した期間を一元として、上元・中元・下元と繰り返される。合わせて三元となるが、上元はその最初の期間のこと。

神殺星

しんさつせい

命式に吉凶作用を及ぼす干支の関係のこと。命式判断の参考に使われる。日干からみたもの、月支からみたもの、年支・日支から見て求めるものなど多岐にわたる。干支自体が神殺になる場合もある。

獣帯・ゾーディアック

じゅうたい

地球から見て、太陽が通る通り道のことを黄道といい、黄道を12等分して12サインが並んでいる。この12サインの象徴に「獣」が多いことから、「獣帯・ゾーディアック」と名付けられた。

四課

しか

六壬で用いる数式。一課が質問者、二課が質問者に付属する事象、三課が質問の対象である人、四課は質問の対象者に付属する事象を表す。

式神

しきがみ

陰陽師の命令で自在に動く霊的存在のこと。和紙で出来た札に陰陽師が術をかけると、自在に姿を変えたといわれている。陰陽師・安倍晴明が使役したという式 神に十二神将(十二天将)があり、六壬の「青龍・朱雀・白虎・玄武・勾陳・六合・騰蛇・天后・貴人・大陰・大裳・天空」に由来される。

四隅

しぐう

北東・南東・南西・北西の方位の総称。十二支では、丑寅が北東、辰巳が南東、未申が南西、戌亥が北西をあらわし、変化を意味する土行が全てに含まれる。後天八卦では、艮が北東、巽が南東、坤が南西、乾が北西をあらわす。

獅子座

ししざ

二区分は男性星座。三区分は不動星座。四区分は火のエレメント。支配星は太陽。身体の象徴部位は心臓・背中。高い誇りを持った情熱家。長く自分の中の情熱 の火を保ち続ける。度量があり寛大。創造的。ドラマッチックで派手好き。親分、姉御肌で下の面倒を良く見る。教師の資質あり。演技力があり、パフォーマー としての才能もある。芝居がかった演出を好む。

四象

ししょう

「易」の宇宙生成論で使われる概念。易経の繋辞伝によれば、「易に太極あり、是(これ)両義(りょうぎ)を生ず、両義、四象(ししょう)を生じ、四象、八卦(はっか)を生ず。」とある。

四書五経

ししょごきょう

四正

しせい

東西南北の方位の総称。十二支では子が北、卯が東、午が南、酉が西をあらわし、後天八卦では、坎が北、震が東、離が南、兌が西をあらわす。

自然時

しぜんじ

それぞれの地点の太陽の位置で決められる時間のこと。日本の標準時は東経135度線上の明石の時間であるため、自然時を出すためには、1度離れるごとに4分ずつ修正を加えることになる。

四柱推命

しちゅうすいめい

中国の代表的な命術の一つ。生年月日時を基に、十干十二支の八字を四柱の柱に配して「命式」を作り、その命式から個人の人生の吉凶、禍福(かふく)、成 敗、貴賎、貧富などを推し量る。十干十二支という素材を使いながら、その判断は大変複雑で奥深い。中国などで用いられている四柱推命と日本で普及している ものとでは、解釈方法に大きな違いがあるとされている。

室区分

しつくぶん

地球の天球を、十二のハウスに区分すること。12サインと混同しやすいが、12サインは地球の公転によって決定されるもので、12ハウスは地球に属してい るため、地球の自転に関係して決定される。種類は大きく分類すると①イコール・ハウス方式、②象限方式、③①と②を組み合わせた変形方式がある。現在は、 ②の分類の中のプラシーダス方式による室区分が一番普及している。

ジプシー

じぷしー

北インド起源の移動型民族のこと。移動生活者の印象があるが、現代では定住生活をする者も多い。「ジプシー」という呼び方は、長い間の偏見、差別などの為に、最近では彼等を指す言葉として、「ロマ」の名称が用いられることが多い。

磁北

じほく

磁石で表示される北のこと。地図で示される真北とは約7~9°ずれることになる。風水や家相では、一般的に磁北を使用する。

四緑木星

しろくもくせい

九星のひとつ。五行は木、方位は東南、象意としては、長女・主婦・仲介人・貿易業者・神経・頭髪・腸・股・風・遠方・往来・仲介・伏入・整う・縁談・結婚・信用・通信・旅行・連絡・迷う・市場・結婚式場・公園、などをあらわす。

シャーマン

しゃーまん

呪術者・巫女などのこと。儀式や手段を用いてトランス状態に入り、自然界の神や霊と交信する役割を担う。シャーマンという単語はツングース語に由来する。

シャッフル

しゃっふる

タロットカードで占いをする前にカードを混ぜ合わせること。占いたい内容を問いながら、テーブルの上にカードを裏向きにして両手で混ぜ合わせるのが一般的である。

周易

しゅうえき

古代中国の周の時代に作成された卜術の一つ。「易経」という古典に照らし合わせて解釈される。「易経」は占いの書物であったことから、随時代の煬帝による焚書坑儒を免れ、その後の儒学者たちの研究により儒学的・道徳的に変化していった。

従格

じゅうかく

命式のタイプのこと。外格・変格の一種。主に、「従児格」・「従財格」・「従殺格」が挙げられる。自分を捨て、子供や部下や、周囲の人に従った方が吉とされる。

十干

じっかん

古代中国で発生した数詩で、時間と空間をあらわすのに使用したもの。非常に古く殷代(紀元前十五世紀~紀元前十一世紀)頃の甲骨文字にも記されている。五 行の「木」「火」「土」「金」「水」が、陰陽それぞれに分かれたもので、「甲」「乙」「丙」「丁」「戊」「己」「庚」「辛」「壬」「癸」の十個に分けられ る。

十天体

じってんたい

西洋占星術で使われる、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のこと。十天体は人生の中での基本的な傾向と長所、問題点をあらわす。

柔軟宮

じゅうなんきゅう

12のサインは活動(Cardinal)・不動(Fixed)・柔軟(Mutable)の三種類に分けられる。占星学上ではサインの三要素 (Quality)という。柔軟宮のサインは、双子座・乙女座・射手座・魚座。常に柔軟で環境に応じて対応できるが、迷いやすく影響を受けやすい傾向があ る。この四つのサインは全て90度の関係にあり、十字を形成する。

十二運

じゅうにうん

五行から見た十二支との関係性をあらわしたもの。「長生(ちょうせい)」・「沐浴(もくよく)」・「冠帯(かんたい)」・「建禄(けんろく)」・「帝旺 (ていおう)」・「衰(すい)」・「病(びょう)」・「死(し)」・「墓(ぼ)」・「絶(ぜつ)」・「胎(たい)」・「養(よう)」がある。運勢の強弱・ 盛衰を人間の成長過程に例えている。

十二宮

じゅうにきゅう

地球から見て太陽が一周する軌道のことを黄道という。その軌道を十二分割して、それぞれに十二サインを振り分けたもの。十二のサインは獣の名にちなんだ星 座名が多かった為に、この帯のことを獣帯(Zodiac)と呼ぶこともある。黄道を十二分割したものなので、太陽は一つのサインを約30日かけて進むこと になる。

十二支

じゅうにし

古代中国で発生した数詩で、時間と空間をあらわすのに使用される。十二支には「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」「午」「未」「申」「酉」「戌」「亥」 がある。元々、十二支は順序をあらわす記号であったが、だんだんと十二生肖と組み合わさってゆき、子=鼠、丑=牛…となっていった。

十二長生

じゅうにちょうせい

五行から見た十二支との関係性をあらわしたもの。「長生(ちょうせい)」・「沐浴(もくよく)」・「冠帯(かんたい)」・「建禄(けんろく)」・「帝旺 (ていおう)」・「衰(すい)」・「病(びょう)」・「死(し)」・「墓(ぼ)」・「絶(ぜつ)」・「胎(たい)」・「養(よう)」がある。運勢の強弱・ 盛衰を人間の成長過程に例えている。

十二天将

じゅうにてんしょう

「十二神将」・「十二貴人」とも呼ぶ。その昔、陰陽師が操った式神のことでもある。青龍・朱雀・白虎・玄武・勾陳・六合・騰蛇・天后・貴人・大陰・大裳・天空のことで、一説では十二支に対応するとも言われている。

十翼

じゅうよく

易経の本文の「経」を補足したものを「伝」といい、十編で構成されているので「十翼」と呼ばれる。その意味は鳥の翼が空でその身を支えるように、十編の 「伝」も本文を支えるといった意味合いが込められている。十編の内容は「彖伝上・下」・「象伝上・下」・「繋辞伝上・下」・「説卦伝」・「文言伝」・「序 卦伝」・「雑卦伝」からなる。孔子の作とされているが真相は不明である。

しま

各線の途中にあらわれる島状の輪っかのこと。生命線上は慢性疾患、知能線上は精神的な不安、感情線上は心臓疾患と目の疲れのサインといわれる。

宿命

しゅくめい

仏教用語でいうところの因縁因果であり、生まれながらに定められた変えることのできない資質のこと。出生時間や性別、環境など、個人では選べない種類のものともいえる。様々な解釈、思想があるので一概にはいえない。

宿曜経

しゅくようきょう

宿曜占星術のこと。「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶日善悪宿曜経」(もんじゅしりぼさつしょせんしょせつきっきょうじじつぜんあくしゅくようきょう)の略称。基は、インド占星術で使われるナクシャトラのこと。

朱子

しゅし

中国南宋時代に朱子学を確立した人物、「朱熹」の敬称。易に大きな影響を与え、その代表的著作としては「周易本義」が有名である。政敵からの迫害にあった際に易を立て、結果、隠遁生活の中で弟子の育成に努めた晩年の逸話は有名である。

出生図

しゅっせいず

人が生まれた瞬間の、その場所での天体の配置図のこと。英語のNatalからNaital Chartとも呼ばれる。出生図という言葉は、個人の誕生図を指すときのみに用いられる。国が誕生した場合は始原図、事故が発生した瞬間の天体の配置に関しては、Ivent Chartを作成することもある。

順行

じゅんこう

地球から見て、天体は軌道上で前進したり、後戻りの動きをするように見える。順行とは、天体が前進方向に進んでいること。太陽系の星はそれぞれの公転周期で動いている為、このような現象が起こる。

しょう

木・火・土・金・水で成り立つ五行において、一方が、もう一方を助ける関係のことを指す。木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じる。

小アルカナ

しょうあるかな

アルカナはラテン語で「秘儀」という意味。小アルカナは56枚のカードで構成され、各14枚1組で4つのスートに分かれている。スートの各組14枚の内訳 はエース(Ⅰ)から10(Ⅹ)までの番号が付いたカードと、4枚のコートカード(宮廷札)で成り立っている。日本でいうところの「トランプ」に似ている。 番号付の10枚のカードは、トランプのように数字だけが書かれている場合が多いが、ウェイト版タロットには、全て絵柄が書かれている。

象意

しょうい

象は「かたどる」の意味で、八卦や九星などの表す意味合いを、物や自然現象になぞらえたもの。繋辞伝では「象は像(かたどる)なり」とされている。

障害線

しょうがいせん

手相の各線に対し、障害・停滞・ケガ・病気など悪影響を与える線で、各線を横切るように出てくる。中には例外で良い相になることもあるが、大抵は凶相と考える。

小太極

しょうたいきょく

家全体の中心を太極と呼ぶのに対し、各部屋の中心点を小太極と呼ぶ。陽宅風水では、家全体から見た吉方位が利用できない場合、この小太極から見た吉方位を利用する場合がある。

ジョーティッシュ

じょーでぃっしゅ

ヴェーダという学問体系のうちの一つで、インド占星術の別名。「jyoti」は光、「ish」は神という意味のサンスクリット語で、インド占星術が、魂の本質を読み解くための科学であるとしている。

序卦伝

じょかでん

易経の「十翼」の一つ。六十四卦の配列に対しての説明がなされている。

徐子平

じょしへい

宋の時代(西暦960~1279)に命理・命学とも言われる人の命運を論じる方法の基礎を築いた人物。そのため、その字を借りて四柱推命を「子平」と呼んでいる。姓は徐、名は居易、子平はその字(あざな)。「珞禄子三命消息賦注」という本を著した。

女性宮

じょせいきゅう

ピュタゴラス派の概念に基づいて奇数を男性、偶数を女性としたもの。男性宮をポジティブ、女性宮をネガティブと表す。女性宮には牡牛座・乙女座・山羊座の 地の宮の星座と、蟹座・蠍座・魚座の水の宮の星座が含まれる。男性宮に対して女性宮は、受動的で内向的であると捉えられている。

かのと・しん

十干の一つ。五行の金行のうち、陰の金をあらわす。自然界では、加工された金属製品、砂金・珠玉に例えられる。洗練された華やかな性質がある。

しん

八卦の一つ。一番下だけが陽爻のもの。自然界では「雷」、卦徳は「動」、人では「長男」、属性は「木」、身体では「足」、易数は「4」、方角では「東」をあらわす。

みずのえ・じん

十干の一つ。五行の水行のうち、陽の水をあらわす。自然界ではとうとうと流れる海・河・湖に例えられる。止まることなく自由に流れる川のような性質がある

人格

じんかく

姓の一番下の文字と名前の一番上の文字を合計した数のこと。 生まれつきの性格や能力などをあらわす。五格の中で最も重要な部分で、一生の運気を左右するといわれる。

真北

しんぼく

北極星を北の基準にして測った北を指し、経線あるいは子午線が示す北極線の方向。地図で示す北はこの真北になる。古代の建物や墳丘のうち、東西南北の方角を意識して建設されているものは、ほとんどが真北を利用している。

シンクロニシティー

しんくろにしてぃー

カール・ユングによって提唱された概念のこと。共時性(きょうじせい)とも言う。因果関係のない二つの事象が、類似性・近接性を備えること。ユングの説明によれば、「非因果的連関の原理」という。

新月

しんげつ

月は12サインを巡り、自身の形を変えながら欠けていき、29.5日に一回、太陽と結合する際に新月を迎える。新月の際にはあらゆる作物が良く育つといわ れ、経験上そのことを知っている農業関係者の間では月の満ち欠けを暦にした「農業暦」もある。またプログレス(進行)のホロスコープ上で新月が起こると、 その時に始めたことが30年続くといわれている。

進行図

しんこうず

計算上の架空のものなので諸説あり、代表的なものとして「一日一年法」が挙げられる。出生時間から一日経った時の天体の位置が、その人の満一歳の時のプロ グレス(進行)を示すというもの。プログレスは内的な変化を予想するとされる。3重円のホロスコープでは中央に位置する。

新字体

しんじたい

1946年の戦後の当用漢字制定以後、現在まで日本で使用されている漢字の字体のこと。新字体とは、1949年の「当用漢字字体表」による標準字体に対す る呼称であり、印刷字体と筆写字体を一致させることを目的としていた。画数が多く、複雑な旧字体を画数の少ない文字に差し替える、または複雑な部分を省略 化するといった手法で、全体の画数を減らして簡略化した。実際には、1950年代以後に切り替えられていった。

新暦

しんれき

改暦を行った後の暦法のこと。改暦前の暦は旧暦となる。日本や東アジア諸国では、太陰太陽暦から改暦した太陽暦(グレゴリオ暦)が新暦になる。

七赤金星

しちせききんせい

九星のひとつ。五行は金、方位は西、象意としては、少女・遊び人・ホステス・妾・口・歯・咽喉・呼吸器・趣味・悦び・食べる・歌う・怒る・弁舌・口論・金銭・毀折・刃物・沢・泥・不足・貴金属・飲食業・金融業、などをあらわす。

二黒土星

じこくどせい

九星のひとつ。五行は土、方位は西南、象意としては、母・大衆・庶民・農夫・不動産業・腹・胃腸・肉・大地・平原・平坦・田畑・静か・平穏・従う・受身・謙遜・古い・遅鈍・無気力・四角・墓地・倉庫・数が多いもの、などをあらわす。

人中

じんちゅう

鼻の下から上唇に至る縦の溝のこと。一般的に深いほど良いといわれる。

紫微斗数

しびとすう

四柱推命と双璧をなす中国の代表的な命術。現在、台湾などでは盛んに用いられている。太陰暦を用いて出した生年月日時を基に、その人の性格から一生の運命 までを読み取る。紫微(しび)とは北極星の別名で、この紫微星を中心に他の多くの星々を使い、個人の運命(数)をはかる(斗る)ことから紫微斗数と呼ぶ。 紫微斗数では実在の天体ではなく、紫微星や巨門星などの「虚星(きょせい)」と言われる架空の星を使用する。人生上のあらゆる出来事を12のカテゴ リー(十二宮)に分類し、この十二宮に虚星を配して、宮の意味と星の意味を重ね合わせて目的別に詳細な判断をするのが特徴。

紫微星

しびせい

紫微斗数で用いられる星のこと。北極星の別名でもある。北極星を象徴することから、貴さを司る帝王の星と考えられる。甲級主星14星の主宰星として、命盤上の全ての星の動きを統轄している。

四神相応

ししんそうおう

風水における好適地の条件のこと。四神相応の地とは、背後に高い山(玄武)、前方に海・河川などの水が配置され(朱雀)、左右に丘陵や低い山(青龍・白虎)が囲む形状のものを指す。このような土地に住むと、一族は長く繁栄するといわれている。

七政四餘

しちせいしよ

古代中国で使われていた幻の占術。中国版占星術であり、あまりにも当たりすぎたために禁止されたと言われている。七つの実星と四つの虚星で占うため、「七政四餘」と呼ばれる。

神秘十字線

しんぴじゅうじせん

頭脳線と感情線の間に刻まれる十字型の線。この線を持つ人は神秘的な事に対して興味を持ち、占いや宗教に対して入れ込む傾向があり、宗教家などに多いといわれる。

水晶占い

すいしょううらない

丸い透明な水晶玉を使って、その中に映し出された人の未来を読み取る占い。「ジプシー占い」として知られ、透視術のような超能力・霊能力を使って見ていく。

水星丘

すいせいきゅう

小指の付け根にある丘。知識や研究心、物質運、社会的な働きをあらわす。ここが発達した人は、雄弁で商売上手、財運にも恵まれる。

スート

すーと

小アルカナの56枚をグループ分けする、ワンド(棒)、カップ(杯)、ソード(剣)、ペンタクル(金貨)の四つの単位。その名称は宇宙の四元素に対応しており、ワンド=火、カップ=水、ソード=風、ペンタクル=地となる。

数秘学

すうひがく

数字を用いた占術のひとつで、数秘術ともいう。占う人物の生年月日や姓名などから、固有の計算式に基づいて、先天的な個性や、運勢傾向やを占う。ギリシャ の数学者・ピタゴラスが創始者とされている。「カバラ思想」と結び付けられることが多く、その原理は占星術、タロットカード、エニアグラムなどにも取り入 れられ、応用されている。

数秘術

すうひじゅつ

数字を用いた占術のひとつで、数秘学ともいう。占う人物の生年月日や姓名などから、固有の計算式に基づいて、先天的な個性や、運勢傾向やを占う。ギリシャ の数学者・ピタゴラスが創始者とされている。「カバラ思想」と結び付けられることが多く、その原理は占星術、タロットカード、エニアグラムなどにも取り入 れられ、応用されている。

砂取り

すなとり

祐気取りの一種で、砂を吉運になる特定の日時に、特定の方位から採取してくる方法。この方法によって吉運に恵まれると考えられている。

朱雀

すざく

火行に属し、時では夏、方角では南に対応。陽気・旺盛ることを司る神で、文書・口舌・訴訟などをあらわす。

頭脳線

ずのうせん

親指と人差し指の根元の間から始まり、手のひらを横切る線。頭脳線(知能線)は知性の働き、才能や適職を表す。考え方がしっかりしていると先端までスッと刻まれ、迷いが多いと弱弱しく枝毛のように乱れる傾向がある。

スプレッド

すぷれっど

タロットの占断結果を並べる方法のこと。「展開法」とも呼ぶ。占いの結果を分かりやすくする為に、いくつかのスプレッドの中から選択するのが一般的である。代表的なものとして、「ヘキサグラム・スプレッド」・「ケルト十字法」・「ホロスコープ・スプレッド」が挙げられる。

すい

五行の一つ。水を象徴とし、陽の水「壬水」と陰の水「癸水」がある。水だけではなく、河川や海、雨、全ての液体を指す。季節では冬、方角では北をあらわす。

水法

すいほう

周りにある道路や水路の流れが、家や墓にどのような影響を与えるかを見る方法。この「水法」には、気が入ってくる流れである「来水」、去っていく流れである「去水」とがあり、良い気が「来水」になり、悪い気が「去水」になることが最も吉と考える。

占機

せんき

占卜をする時期・タイミングのこと。偶然に表れた象徴を用いて事柄や事態の成り行きを占う「卜術」で一番重要視される点であり、フッと思ったときに占ったことが一番よく当たるとされている。

筮筒

ぜいとう

筮竹を立てておく筒のことで、「筮とく」ともいう。筮竹を立てて置くため、重くて安定感のある物を選ぶと良い。

占的

せんてき

占う目的のこと。偶然に表れた象徴を用いて事柄や事態の成り行きを占う「卜術」で一番重要視される点であり、しっかり占う目的を絞らないと、曖昧な答えになるとされている。

正位置

せいいち

カードの方向がまっすぐ絵柄の通りに出ている状態のこと。アップライトとも呼ぶ。逆位置と違い、カードの意味を素直に判断することができる。

筮竹

ぜいちく

占筮に用いる道具。これを使って易の卦を立てる。最も古い時代に使用されたものは、蓍(めどき)という植物を用いていたとされ、総数は五十本あり、細い方を基、太い方を末とする。現在は手に入れやすい竹棒を利用することが多く、40センチ程度のものが一般的に使用される。

生命線

せいめいせん

親指と人差し指の根元の間から始まり、親指の付け根の膨らみに沿ってカーブを描きながら手首の方向に流れる線。人生の安定感、健康状態や寿命などの総合運をあらわす。

青龍

せいりゅう

木行に属し、時では春、方角では東に対応。物事の発達を促進する神で、喜び事・酒食・和合などをあらわす。

0学占い

ぜろがくうらない

命術のひとつ。東洋の占いで使われる空亡の考え方をベースにしており、御射山宇彦氏によって昭和15年に確立された。生年月日から割り出した0星(ゼロスター)と支配星から0地点を割り出し、個人の個性と運勢周期を占う。

生命の樹

せいめいのき

「セフィロトの樹」とも呼ぶ。旧約聖書の創世記に、エデンの園の中央に植えられた樹のこと。アダムとイブはこの樹の果実を食べて、エデンの園を追放になった。カバラにおいては、10個のセフィラーと22個の小径(パス)を体系化した図として用いられる。

姓名判断

せいめいはんだん

名前からその人の運命を診断する方法。日本で姓名判断が盛んになったのは、庶民が姓を名乗ることを許されるようになった明治3年以降のことなので、比較的歴史が新しいものといえる。姓名判断にはいろいろな流派があり、それぞれ画数の取り方や判断方法が異なる。

セクスタイル

せくすたいる

二つの天体が60度の角度をとること。120度のトライン程ではないが、安定した状態を表わす。伝統的に良いアスペクトに分類され、トラインと違って、意 識的な努力をすると光るアスペクトである。セクスタイルを形成している天体から、クィンカンクス(150度)のところに天体があるとY字が形成されヨード ができる。

節入り

せついり

暦上の各月の始まりのこと。例えば、2月は4日頃の立春が節入り日となる。

節分

せつぶん

季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。特に、立春の節入り(2月3日前後の旧暦の正月)のことを指す場合が多い。節分当日の夕暮れに、柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に立てておいたり、豆撒きをすることで「邪気」を払う習慣がある。

セフィロト

せふぃろと

10個のセフィラのこと。またはセフィロトの樹(生命の樹)のこと。セフィロトは、この世のありとあらゆる存在・森羅万象をあらわし、この10個のセフィラで分類されぬものは無いといわれている。

青龍砂

せいりゅうさ

風水上、良いエネルギーが湧き出すとされる龍穴の気を風から守ってくれる小高い丘を「砂」と呼ぶ。そのうち、左側のものを「青龍砂」、右側のものを「白虎砂」という。

セフィロトの樹

せふぃろとのき

「生命の樹」とも呼ぶ。旧約聖書の創世記に、エデンの園の中央に植えられた樹のこと。アダムとイブはこの樹の果実を食べて、エデンの園を追放になった。カバラにおいては、10個のセフィラーと22個の小径(パス)を体系化した図として用いられる。

セミセクスタイル

せみせくすたいる

二つの天体が30度の角度をとること。 マイナーなイージー・アスペクトである。オーブは非常に狭く、一度から二度以内に取ることが多い。セミセクスタイルは両親から受け継いだ資質に関連したものを表すといわれている。

先天定位

せんてんじょうい

飛泊する九星が本来あるとされる場所。定位には先天定位と後天定位があり、先天は万物の体(本質)をあらわし、後天はその用(働き)をあらわすとされる。 それぞれ一白水星は兌宮(西)、二黒土星は坎宮(北)、三碧木星は艮宮(東北)、四緑木星は坤宮(南西)、五黄土星はなし、六白金星は離宮(南)、七赤金 星は巽宮(東南)、八白土星は乾宮(北西)、九紫火星は震宮(東)を定位とする。

先天八卦

せんてんはっか

八卦が本来ある場所を示したもの。先天八卦は伏義が配置したといわれている。先天八卦と後天八卦とがあり、先天八卦では、乾は南、兌は東南、離は東、震は東北、巽は西南、坎は西、艮は西北、坤は北に配置される。

仙道

せんどう

古代中国から伝わる不老長生を得る修行法のこと。中国の古い辞書「釈名」には、「老いて死なないのを仙という。仙は遷である。遷とは山に入ることである」と記載されているため、山に入るという意味合いもある。。仙という字の由来はサンスクリット語の不老長生からきている。

正象

せいしょう

象は「かたどる」の意味で、八卦の表す意味合いを、物や自然現象になぞらえたもの。特に「正象」は八卦の中で最も代表的な象となる。乾は「天」、兌は「沢」、離は「火」、震は「雷」、巽は「風」、坎は「水」、艮は「山」、坤は「地」をあらわす。

西洋占星術

せいようせんせいじゅつ

東洋、またはその他の占星術に対して区分けする意味で、西洋占星術と称されている。個人のホロスコープ(出生図)から基本的に12のサイン、12ハウス、 10天体、天体同士のアスペクト(座相)などを組み合わせて、その個人の生まれながらに持った個性や、これから起こるであろう未来の出来事を予想する占星 術。

総格

そうかく

姓名の画数を総合した数のこと。その人の一生の全体的な運勢を暗示するとされる。社会運ともみなされ、特に中年期以降の運勢を強くあらわす。天格・人格・地格、それぞれの吉凶をも含めた数なので、判断の上で重要なポイントになる。

蔵干

ぞうかん

十二支中に含まれる十干のこと。十二支のそれぞれに、いくつかの十干が蔵される。ただし、日本では蔵干は各流派によって多少の違いがある。

相術

そうじゅつ

対象の姿・形から、その人の状態や運勢などを占う判断法。主なものとして、手相・人相・名相・姓名判断・風水・骨相・地相・墓相などがある。

ソード

そーど

小アルカナの4つのスートの1つ。攻撃・闘争・大胆さ・勇気を表現し、時には憎悪・戦い・敵を意味する。また不運と災害のスートでもある。戦士のカードで、その気質は憂鬱といわれる。方角は北。

ソーラーリターン

そーらーりたーん

未来予測手法の一つで、ソーラーは太陽のこと。トランジットの太陽がその人の出生図(ネイタル)の太陽の上に重なる時間を求め、その瞬間のホロスコープを作成して判断する。占星術では、このソーラーリターン時のホロスコープで、その人の一年間の状況を予測する。

測字占

そくじせん

卜術の一つ。唐代以降、盛んに行われた。別名、「破字(はじ)」や「析字(せきじ)」とも呼び、唐代の李淳風、日本では中村文総氏が有名。依頼者が書いた漢字を分解・分析して、問題解決の糸口を探すという占い。

ソフトアスペクト

そふとあすぺくと

伝統的に「ベネフィック・アスペクト」とも呼ぶ。必ずしも良いアスペクトとはいえないので、伝統的な「ベネフィック(吉)」という言い回しは、最近ではあ まり使われていない。「トライン」・「セクスタイル」・「セミセクスタイル」などがソフトアスペクトに入る。平和で温和的なアスペクトである。

ソロモンの環

そろもんのわ

人差し指の付け根を取り囲むようにある線。ユダヤの偉大なるソロモン王にあったと言われる相。第六感が働き、強い支配力が得られるという意味合いがある。

そん

八卦の一つ。一番下だけが陰爻のもの。自然界では「風」、卦徳は「入」、人では「長女」、属性は「木」、身体では「股」、易数は「5」、方角では「東南」をあらわす。

園田真次郎

そのだしんじろう

「気学」の祖。別名、荻野地角。大正13年頃に、それまで日本で流行っていた「九星方鑑学」の考え方を基に、自らの創意工夫を加え、九星術を「気学」とし て分かりやすく集大成した人物。これにより今日の九星気学の基礎が確立され、それ以降、この「気学」が一般大衆に浸透していくこととなった。

気になる用語をここから検索してください

  • 熊切あさ美 噂の熱愛騒動の鑑定結果は!?
  • 手相 基本講座
  • 占い用語辞典
  • 占い師募集
携帯版 電話占い・メール占い
QRコード
携帯版フレイヤならいつでもどこでも、気になったときに相談できます!
http://www.freyjanet.com/

URLを転送する